canlocmesh11-eyel

例えば、半径500mの商圏で、人口1万人以上の出店候補地を探す場合、あらかじめ全国の住所や駅、施設など各地点から商圏を作成して集計しておきますよね。 GISの得意分野ですからサクッと揃えておきたいところです。 とはいえ、それなりの時間と労力が必要ですから、もう少し簡単な方法が使えないかどうか確認してみましょう。

まずは、きちんと集計したデータを使って検索した結果がこちらです。

商圏人口1万人の出店候補地マップ

マップ上の赤い丸は、埼玉県の大字・町丁目レベルの代表点(5254地点)から作成した半径500mの商圏です。 平成22年国勢調査の500mメッシュデータから人口総数を面積按分集計してデータを持たせてあります。 ちなみにGISで商圏を作成するにはバッファ作成という機能を使います。

赤い丸のうち、塗りつぶされている場所が商圏人口1万人以上の出店候補地ということになります。

それでは、簡単な方法を試してみます。 商圏半径が500mですから、1km四方の地域メッシュデータなら同じような結果が得られないでしょうか。 結果は次のとおりです。

1kmメッシュ人口による出店候補地検索

おお、良さそうですね。 もう少し範囲を絞ってみましょう。 ざっくりですが、正方形(メッシュ)と内接円(商圏)の関係から1.2倍ほど、1万2千人で検索した結果を重ねてみます。

出店候補地検索、人口12000人

いかがでしょうか。

データを検索、加工し、結果をマップですぐに確認できる。 単に必要な情報を得るだけでなく、いろいろと試めせるのもGISを使う面白さだと思います。

 

【出典・著作権等】

この記事に掲載したマップは、平成22年国勢調査の人口(総務省「政府統計の総合窓口 e-Stat」)と国土交通省「国土数値情報」の鉄道、行政区域を使用し、QGIS 2.12.1-Lyon で作成しました。