商圏分析、売上予測、エリアマーケティングのツール製作、システム開発はお任せください

開発事例

弊所で開発したシステムの約70%が商圏分析や売上予測に関連するGISのカスタマイズです。 市販マップ製品のSDKを利用したパッケージ製品へのマップ機能の組み込みなども可能です。

 

商圏分析レポート作成

top-case1

店舗の商圏分析レポートや出店計画書、あるいは病院の診療圏調査報告書など、ボタン1つの操作でExcelファイルの報告書を出力するツール開発のご依頼です。

例えば、半径や時間距離による商圏の自動作成から、商圏内の店舗や地域統計を集計、さらには人口分布図や顧客分布図などのマップ画像を出力します。 出力データをCSVファイルで、マップ画像はPNGファイルで、さらにはExcelファイルへ展開するところまで自動化することができます。

 

売上予測データの集計

top-case2

修正ハフモデルや独自の売上予測モデルで使用するデータを集計、出力するツール開発のご依頼です。

例えば、売上予測計算などのシミュレーションをExcelで実現していることも多いかと思います。
店舗間や地域間の距離、商圏の重複率などの地理的要素を計算や集計はGISで行い、データをExcelに展開しているようなケースです。 GIS上で調査地点を決定するだけで、商圏や影響圏の作成、計算・集計、マップ作成、Excelへのデータ展開までの一連の流れを自動化することができますので、より多くの時間をご自身のシミュレーションに割り当てることが可能です。

 

マップモジュールの組み込み

top-case3
稼働中の顧客分析システムや販売中のパッケージ製品にマップ表示機能を追加するご依頼です。

例えば、既存のデータベースシステムから取り出した店舗別のカード会員データのシェアマップ表示や、前月と当月の増減率など、マップ表示機能を既存システムから呼び出せるように機能を追加します。

 

処理速度・操作効率の改善

top-case4

大量の商圏データを集計する場合や、大量のファイル・フォルダーを操作しなければならないケースでのツール開発依頼です。

例えば、データの集計処理に1か月かかる処理をたった1日にしてしまうようなケースは、稀ではありますが可能な場合も多くあります。 また、1ファイルごとにしか操作できないような機能では、つきっきりで作業しなければなりませんが、これをフォルダー選択できるようにし、フォルダー内のすべてのファイルを対象にするだけで、1回の操作にすることができます。
結果、生まれた時間を他の仕事に割り当てられるようになります。

 

その他、地図データの作成や編集など、GISを利用する業務では様々なデータ整備作業を必要とするケースも多くみられますので、そのようなときは是非ご相談ください。

ゴールに最短で到達できるよう、全力でサポートさせていただきます。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 044-930-0556 ご相談、お見積もりは無料です

PAGETOP
Copyright © 2016 GISデザイン事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.